2017年7月8日土曜日

江坂プライマリーワン



吹田市江坂で工事が進んでいる「江坂プライマリーワン」。
最上階のコンクリート打設も終了し、9月完成に向けて順調に進行中です。

先日弊社で計画していたモデルルーム完了し、
入居案内が始まるのを待つばかりとなりました。

計画地近くに芸術家「岡本太郎」氏の作品が2か所あり、
江坂はご縁が深い街です。

今回の建物はその「岡本太郎」氏の芸術論 対極主義 を引用し
1階部分のデザインを考えた。
「抽象画と具象画のどちらかを選択するのでもなく、
矛盾のまま対置させ、不協和音を発生させることにより
精神の高揚を生み出す」という彼の理論を
建築に置き換えて考えてみることにした。

対局主義を建築的言語に置き換えて考えてみると
「二元対比」やゲシュタルト(全体性、形態)である地と図の関係として
考えられるのではないだろうか。
二元対比は日本古来の美意識の一つで、異なる二つの状態、形態を
比較する事で、互いの良さを際立たせることではないかと思う。
例えばハレとケ、光と影、異なる素材や色の対比等。
ゲシュタルトはルビンの杯(杯に見えるか、向き合う人に見えるか
若い女性か老婆に見えるかなど、主題の時かそうでない時に変化する、
「主題の逆転」が生まれる。



















今回この建物ではデザイン(エントランスロビー)と機能(ごみ集積場、
駐車、駐輪スペース)を区別しないデザインにすることで、
互いに刺激しあい昇華し、時として空間の優位性が逆転するなど
空間の広がりや連続性を構築できるのではないかと考えて
デザインしたのですが、最終的には完成しないと全貌はわからないにしろ
新たな展開が生まれるのではないかと、密かに期待している。


































1階エントランス、駐車場まわりCG、エントランス内部CG
モデルルームインテリア(テーマ アフリカを感じる素材・色)























2017年6月10日土曜日

京都 「嵯峨野の住まい」



京都市右京区嵯峨野で進めていたリノベーション住宅。

クライアントは海外の方で、
一年を通してお住まいになるわけではありませんが、
日本の伝統や美意識に強い関心をお持ちの方です。
リノベーションも和のインテリアを意識したデザインになっています。

今回は内部だけをリノベーションしましたが、
時間をかけて外観、庭も含め日本的なお住まいを完成させたいそうです。

使用した材料も無垢の木材、聚楽などの左官材料、和紙、など
存在感のある材料を使いながら、重苦しい雰囲気にならないよう
気をつけました。

家具は旧知の徳永家具工房「徳永さん」にお願いし、
樹齢300年の欅の大木から切り出した
素晴らしい家具を作って頂きました。
家具はまた別の機会に紹介します。

工事は9月くらいまでかかりますが、じっくりと腰を据えて
考えてみたいデザインがあちこちにあり、
設計者としては嬉しい限りです。
完成している部分を少しアップします。
改装前の写真も一緒に添えておきますので、
比較検討してみてください、






















玄関天井は小屋裏に照明を仕込み、柔らかな光が落ちてくる
目透かし貼りにしてあります。




















玄関横のギャラリースペース










































今回は玄関、ギャラリー、リビングダイニングだけですが、
次回またあらためて全貌はアップしたいと思います。

2017年5月26日金曜日

フレンチレストラン「la forme di eternite」



奈良市花芝町で計画していたフレンチレストラン
「la forme di eternite」 
報告が遅くなってしまいましたが、今年2月にオープンしました。



































伝統的なフランス家庭料理をベースにシェフの感性で
現代的な部分も取り入れ、ワインを飲みながら
気軽にフレンチを楽しめる少しカジュアルなお店です。
オープンしてすぐに「あまから手帳」に掲載されたり、
朝日放送の「おはよう朝日です」でお店が紹介されたりと
メディアにたくさん取り上げられて頂きました。

「eternite」は靱公園のそばで10年近く営業していたフレンチレストランですが、
オーナーシェフの地元 奈良で以前からずっとやりたかった
「フレンチのカタチ」を具現化するため、この場所を見つけ
オープンしました。

お店はシェフが修行されてたフランス南西部地方の建物のイメージと
奈良という土地柄を意識して、日本的な要素も取り入れながら
空間そのものが主張し過ぎないよう、シンプルで控えめなインテリアに
仕上げました。







































また友人である徳永家具工房の徳永さんにお願いして
樹齢300年の六甲山の欅を使った無垢板テーブルと
「カンナフィニッシュ」のケヤキの椅子を用意してもらいました。
とても座り心地のよい椅子です。
座面は麻布を奈良の柿渋で染め上げ、木槌で叩いて柔らかくしたものを
使ってあります。
 
夜はアラカルトが主体なので
気軽に美味しい料理とワインを楽しめます。

奈良へお出かけの際は是非お立ち寄りください。

「la forme di eternite 」

奈良市花芝町7-2 松村ビル
☎ 0742-20-6933
      www.restaurant-eternite.com



2017年5月20日土曜日

箕面市 「風景を作る住まい」



ブログの更新が半年近く出来ず誠に申し訳ありませんでした。

スタッフ不足で多忙であるということもありましたが、
どちらかといえばブログに関しては怠慢であったかも知れません。

その間いくつかのプロジェクトが完成したり、
新しいプロジェクトがスタートしたりと
アトリエは常に前進をしております。

完成した建物はカメラマンに撮影をお願いしております。
出来上がり次第HPにアップしていきますが、
カメラマンから送られてきたプロジェクト「風景を作る住まい」の一部を
アップします。
まだすべて撮影したわけではありませんが、
私がイメージしていた通りの撮影ができたので少しうれしいです。

カメラマンは本日も京都市右京区の「嵯峨野の住まい」の撮影に入ってます。

「風景を作る住まい」は大阪府箕面市彩都の新しく開発された分譲地に
計画した建物です。

新興住宅地特有のハウスメーカーさんの住宅が立ち並ぶ中、
住み手のライフスタイルを前面に押し出した個性的な住宅です。
そこに存在することを強く主張し、新しい街の風景を創造したいと
クライアントご夫妻も私も思い続け計画した住まいです。

大阪平野が一望出来る素晴らしい条件の敷地に、
その風景を思う存分楽しみながらも、プライバシーや
室内の熱環境を考慮した省エネ対策をした建物になっています。
1枚のサイズが1m×3m厚さ3mmの大きなタイルを要所に使い
南側の眺望を生かすため、リビングダイニングは
断熱ガラスをコの字型に配置し、高さ4mの無柱空間を作りました。
そのガラスの外側にはドイツ製外付けブラインドを取り付けてあり、
夏の太陽光線を遮断し、遮熱効果を高めるように計画してあります。
その上部は展望デッキになっていて、より一層ランドスケープを
楽しむ空間になっています。










まだ一部外構工事や変更・手直し工事が残っておりますので、
すべての撮影が終了しましたら、
あらためてHP上にアップします。

どうぞ宜しくお願い致します。






2017年1月3日火曜日

謹賀新年



謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も何卒宜しくお願い致します。


昨年はアトリエとして未経験の、予想外の出来事が幾つも重なり、
特に夏以降はその対応に追われる日々が続きました。
皆様には誠心誠意の対応が出来ず、誠に申し訳ありませんでした。

各方面の方にご相談したり、アドバイスを頂いたりしながら
新たな発展のためにスタッフ共々日々前進しております。


また、外国の方からの設計依頼や海外の方とのパートナーシップも増え、
言葉の問題をクリアできる、人材確保も重要な課題となってきました。
グローバルスタンダードへの対応も急務です。

スタジオクランツォという屋号で設計事務所を開設して
この1月で満15年になります。

まだまだ努力しなければならないことが数多くありますが、
1つ1つ乗り越え、皆さまの期待に応えられるよう
これからも努力していく所存ですので、
何卒今後とも宜しくお願い申し上げます。

平成29年慶春

スタジオクランツォ1級建築士事務所
代表 山口是彦 スタッフ一同


2016年10月10日月曜日

「luxe」な日々



駆け足で過ぎ去っていく日々。

少し立ち止まって、じっくりと考えたい事もあるし、
感傷に耽りたい時もあるのに
時間はそれを許してくれそうにない。

これでよいのかと自問自答の日々だが、
また新しく考えねばならない事が、
終わりのない達磨落としのように目の前に現れます。

それが宿命なのかも知れません。
しかし、追われている時の方が良いアイデアが生まれます。

切羽詰まると、頭の中がフル回転するのか、
普段使わない脳の領域までが動員される。
そしてプレゼン間際には何とか提案できる内容がまとまるもんだ。。

集合住宅は計画から完成まで、それなりの時間がかかる。
計画時に頭を悩まし、悪戦苦闘していたのに、いざ完成してみると、
その悩み抜いたプロセスが何だったかわからないくらい
当たり前のように立ち上がっている。

この建物は滑らかなガラスのラインが周辺の風景をどのように写し込み、
己自身の姿かたちを曖昧にしてくれるのではないかと想像していたが、
出来上がってみると、むしろその存在感を際立たせる景観になっていた。

「luxe」をコンセプトテーマに、阪急沿線に相応しい、
賃貸集合住宅を内外部も含めデザインしようと考えた。

































入居が始まり、この建物に住まわれる方が
その空気感をどのように受け止められるのか
楽しみになってきた。








































































新たな集合住宅プロジェクトが吹田市江坂でスタートした。
江坂に存在する岡本太郎氏の作品コンセプトに呼応することを
デザイン主題にした建物だ。









2016年9月30日金曜日

奈良に目を向ける




奈良市で新しいプロジェクトが始まります。

今回はレストランの計画です。

シェフが幼い頃遊んだ、若草山や奈良公園、
そして古い町並み、土塀や路地の匂い。

日本的な風景とシェフが料理を学んだフランス南西部地方のエスプリ。
それらを一つの空間にまとめてみる。。。。

2つの異なる場所が融合することで、
何か新しいものを作り出すエネルギーとなる予感がします。

さてさて、楽しみな仕事が増えました。

























































少しずつ変化を始めている町並みに、ランドマークとなるような、
洗練されたデザインのお店を考えましょう。。。。